家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何ができるか
2014-08-10 (日) | 編集 |
犬猫合わせて30万頭以上が毎年殺処分されているそうです。

持ち込み=殺処分とは知らなかったなど有り得ません。職員さん達は殺したくないから説明・説得なさるでしょう。

それでも、処分を依頼し置いていく人間が後を絶たないという事ですよね。

殺しちゃってと置いていく人間が動物愛護や動物福祉に関心があるわけもないです。

・うざい
・諸事情うんぬんで、仕方ないじゃん
・こっちは生活かかってる商売なんだよ、連れて来るだけましじゃないか(もちろん言いません)
・たかが犬猫じゃないか、人間様が大事でしょ
・私は猫達守りたいんです。でも子猫をどうにかしないとご飯をあげられないんです。
・ったく、野良がその辺で産んじゃってよう、迷惑なんだよ、お前ら税金で食ってんだから何とかしろよ

理由は諸々あるそうです。持ち込む人間に何を言おうが無意味だと思う。

どうしたらいいのかな。


動物愛護および管理法改正への一投票。
改正を活かしてくれる人を探す
虐待飼育を許さない土壌の育成。


単純に思うのは
犬猫はおもちゃじゃないよ。人間とは違う形態・気質だけど、生物として同じだよ。
いろんな事を感じ、食べて・寝て・遊んで(仕事して)日々を生きてるよ。

人間は自分で食いぶちを稼げるけど、犬猫にそれは出来ない。


自分で迎え、或いは増やしておいて最期は人間様の自分大事で殺せるってどうなの?

届かない声を届けようと、長年頑張っているいる方達がいる。

何もできませんがの枕詞は実は嫌い。

理解と気持ちがあれば何も出来ないなんてない。

現状を知り、考えてくれるだけでもいいと思う。

その意識があれば出来ることをするはずだから。

あまりに小さな私の活動だけど、きりがないとは思わない。

自分で出来る事、したい事をやっていけば輪の一つではある
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。