家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローゼット監禁猫 顛末
2014-06-01 (日) | 編集 |
昨年TNRした現場のえさやりさん宅で、32匹もの猫達がクローゼットに監禁飼育されていました。

餌場で捕まる子は手術していたようですが、10年もの長い間解決策もなく、外でうまれ、保護して生まれの結果がこの現状でした。
保護活動をしていればキャパオーバーになるのは日常茶飯事で、皆さん工夫し精一杯やっています。

しかし、32匹の猫達は、羨ましい程の邸宅に保護されながら、クローゼットに押し込められていました。

保護ではなく虐待であると理解してもらわないかぎり猫達は活きていけません。
全猫救出したところで、また増やされたら新たな犠牲猫が生まれるだけです。

猫を助け出す中で着地点を必死に模索していました。

昨日、やっとご主人と話す機会がありました。

理屈の通る方だったので、荒療治を致しました。

結果、猫達は広いスペースに移れます。
そして、今後1匹たりとも増やさないようみてくださいます。

約束が実行されるまでは信じませんが、何卒よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
ポテっとな様

ご心配いただきありがとうございます。

その場のやり取りは今後の猫達を守るために詳細は出しません。

12畳程の納屋を猫部屋にリフォームし、猫達は2畳のクローゼットルームから移ります。

仲間が無理をし、二匹も保護してくれました。
他、3匹のトライヤルをいただき、現在28匹がクローゼットルームにいます。
数度の訪問でベットルームへのドア解放で風が通り抜けてはいます。

触れない8歳以上の子多数います。

猫達はクローゼットルームからの移転で楽にはなるでしょう。

ワクチンの必要性もわからないながら、骨折猫や耳血腫の治療はしてくれています。

最後まで面倒をみるとは言っています。

あまりの知識不足、あるいは勘違いの可哀相保護に絶句ではありますが、付き合っていくつもりです。
2014/06/01(日) 22:22:57 | URL | W #-[ 編集]
気になってたので、もう少し
どういう風なやり取りがあって、結果何匹の猫がそのお宅に残るのか、とか、あなた方に保護されることになったのは何匹くらいか、とか、、残った猫が具合が悪くなったときには医療を受けられる見込みがあるのか、とか、他人が介入してきたことによって家人が悪感情を持ち、遺棄されたり殺処分される恐れがないのかとか…心配なのでその辺も教えてほしいです。
2014/06/01(日) 20:35:46 | URL | ポテっとな #.5Qwvuhc[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。