家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助っ人
2012-01-19 (木) | 編集 |
「今年は」の記事から
一歩前進(せざるを得ない)の方より連絡。

テキパキと病院の予約、打ち合わせをしていただき捕獲の助っ人に行ってきました。

まずはメスからと。

全頭15匹位と聞いてたけど、そんなもんじゃなさそうでした。

ご相談者の大決心と
執念と緻密な段取りが必要な現場でした。

ご相談者が自分がえさやりしているわけではない、利用駅周辺の野良さん達。
前途多難です。

捕獲器たらず浦和キャッツも貸出中で
Aさんにまたお借りしました。
考えたらずのW
聞かれるまま場所を答え、
私の方が近いじゃないのとAさんに新たな現場を作らせてしまいました。

何やってんだか W


なるべく早く
預かっていただいてるまるちゃん迎えに行きます。

すみません
そして
ありがとうございますm(__)m


誰でも、手術の為の捕獲は最初の一歩が
とてつもなく大変。
手術後の猫達の延々と続くお世話はもっと大変

根本を変えるのは果てしない道のりだけど
いつかは辿り着けるかもしれない。

まずは
出来ることからの一歩
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。