家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命への責任
2013-10-12 (土) | 編集 |
おかしな話です。

センターへ殺してくれと持ち込む人間

手っ取り早くその辺に捨てる人間


持込は合法。
遺棄は犯罪ですが、捕まった奴はどれだけいますか?

片や捨てられた場の人間。
子猫がみたくて、のらりくらりと手術回避のえさやりは、Wには「敵」そのものです。
そんな輩は増えすぎた段階でトンズラします。

しかしそんな人ばかりではありません。
エサ代さえ大変にも関わらず、増えないように不妊手術し、具合の悪い子を医療にかけ、生きていけない子を家に入れと頑張ってる方もいます。

しかし、あまりの捨て猫の多さに追い付かず新たな子猫の誕生もあります。

餌があるから捨て猫が生き延びる。
真実ではあります。

きりがない

それも真実の悲しい現状


埼玉から遠い地方で迷子になった子がいました。

飼い主さんは必死に捜しつづけ、その子を思う人間の輪で二ヶ月ぶりにみつかりました。

諦めたらおしまいだと知った。

きりがない

だから何?

どうせ無理なんだし、中途半端にするくらいなら最初から手を出さない

きっと苦い思いから出た重い言葉だとわかる。

でも何もしなかったら何も変わらない。

諦めない

もがいているうちに道が見えてくるかもしれない




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。