家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30匹のさくらねこ
2013-10-02 (水) | 編集 |
「私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回埼玉県川越市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から30頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。」

どうぶつ基金バナー200x40 (2)


おかげさまで、9月は30匹の猫達の手術ができました
 
春先と違い身ごもりママさんは殆どおらず、さらにホッとしてます。
 
野良さんの捕獲に理解があり、手術の予約数を守れなくとも、いつも受け入れてくださる動物病院さんのご協力があってこそです。
 
9/15 予約15匹→捕獲13匹
9/23 予約12匹→捕獲12匹
9/28 予約5匹→捕獲3匹
 
9/30 予約0匹→捕獲2匹
 
 
本当にありがとうございます。
 
最後の9/30の2匹の猫さんの画像とりそびれました。
 
出勤前のお迎えでリリース前にご飯をあげることしか頭になくて、すっかり忘れた
 
ならばとリリース後の姿を撮れど、夜の野外のクロネコさんを撮れるわけも無し
 
でも、早くもえさ場で兄弟達とご飯を待っていたクロチャンに会えました。
よかった
 
もう一方はまだでてきません。
 
まだ幼く、怖くて怖くて震えてました。
 
ごめんね
 
 






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。