家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お節介おばさん
2013-08-22 (木) | 編集 |
カンカン照りの真昼間。

日傘をさしたご婦人がお散歩中です。
洋服着せたトイプーを連れてね。

「ひゃあ~! ワンちゃん熱くて跳ねて歩いてませんか? 道路むちゃくちゃ熱いですよ」

「えっ? ハァ

お散歩続行のご婦人に、いやホントに熱いんですから、触ってみます?と言いつつ振り返り監視のおばさん。

やっと跳ねてるワンコを抱っこしてくれました。

お願いですから真っすぐ帰ってぬいぐるみじゃないのを感じてください。
あの跳ねかたじゃ多分足裏火傷してるから。

そして、仕事帰りの出来事。マンションのベランダから幼子の尋常じゃない悲鳴

ダメ~ ママー こわい~
イヤダ~

悲鳴からわずかに聞き取れる言葉に立ち尽くすおばさん一人。

暗くてたったひとり。寝起きにママがいなくてパニックになったんだろな。

上階から「うるさい!」と怒声

えッそうなの
うるさいだけ?心配せんの?

お節介おばさん
今日も今日とて寄り道してる

馬鹿じゃね?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。