家族を待ってる保護猫さん達のご紹介
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある現場
2013-06-12 (水) | 編集 |


自宅庭で野良さん達に餌だけ与えていた飼い主が亡くなり、猫達は路頭に迷っていた。
長年、近隣の迷惑など配慮することもない飼い主のせいで堪えがたい糞尿被害に悩まされていたご近所さん達はこれで猫達がいなくなるとホッとしていた。

でも、いなくならない。

餌をあげる人が必ずあらわれるから。

糞尿被害に、今度はばらまきえさやりのお掃除まで加わったご近所さん達。

猫に罪はないとわかっていても、憎しみに変わる。

猫達はどの子も人なれしていない。

そんな環境だから。

亡くなった飼い主宅の新たな住人が餌場を提供してくれ、猫とは縁がなかった犬飼いさん達がえさやりさんを引き受けてくれました。
一言ではいえないくらいの頑張りで環境改善をしてくださってます。

本当に頭が下がります。

先日ばらまきえさが出現したとの事で、早速にでかいお手紙作成。

長年の被害を被っていたご近所さんの痛みは、簡単になくなるわけではないけど猫達はどうにか安全に生きてます。

おばさんが顔を出すと見事に一斉に逃げられます。

ま、毎度のことですからいいんです。別に。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。